--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-04-03(Thu)

アナと雪の女王

松たか子が何かやってるらしい…という程度のほとんど予備知識が無い状態で
家族で観に行きました。

スートーリーは大して無いけど、あそこまでキャラクターを
生き生きかつパワフルに描かれると、日本のリミテッド・アニメでは
太刀打ちできないですな。

観ていてこっちも元気が出る感じ。
やはりディズニー凄いです。
脱帽です。

家族みんなと楽しめるという意味では
日本で張り合えるのは
″クレヨンしんちゃん”ぐらいのもんじゃないでしょうか?

あとヒロインが松たか子と神田沙也加というのも驚きました。
二人共役者だけどジブリのアレとは違います。

うまいです。

二人の声が下腹に響いてきて熱くなりました。
あらためてアニメにおける声の大切さを考えさせられましたよ。

そんな一日。
エルサとアナ

スポンサーサイト
2013-12-05(Thu)

観てきた~

『かぐや姫』見てきました
まあまあ面白かったです。


ただ昔から何度も使われてる
『お姫さまの生活は退屈で人間らしくない』というのは
そろそろ飽きました。

どんな仕事にもその世界の人じゃなければわからない
楽しさも辛さもやりがいもあると思うのですよ。
姫にしか出来ないこともあるはず。

かぐや姫はそういうことは考えず
ただ昔に戻りたいと思うばかりで目の前のことから
逃げているので、だんだんヒキニートに見えてきました。

現代のかぐや姫なら
仕事中に月の使者に強引に連れていかれ、
「アイ シャル リターン!!」と叫びながら去っていくぐらいの
元気があっていいんじゃないかと思います。

もしくは竹槍で応戦するとか…。

そう思うのは自分がギャグ漫画家的思考だからですかね?
すみません
娘に蹴られてきます。
2013-10-02(Wed)

終わちゃった

半年間楽しませてもらった『進撃の巨人』も
最終回を迎えてしまいました。
こんなに楽しんだアニメは久しぶりです。
とにかくアニメのスタッフに拍手。
作画兵団は立体機動恐怖症になってるんじゃないかと
推測されますわ。

ただ自分の原作の読み込みが甘いせいか
「何かを変えることのできる人間がいるとすれば その人は きっと・・・
大事なものを捨てることができる人だ 化け物をも凌ぐ必要に迫られたのなら
人間性をも捨て去ることができる人のことだ 何も捨てることができない人には 
何も変えることはできないだろう」
というくどいぐらいに出てくるセリフはてっきり
〝自分の意志で、時として非情な決断をしなければならない覚悟〟
みたいなことを言ってると思っていたので、
エレンがキレてビースト化して終了というのは膝からガクンときました。
結局それかみたいな。

今後10年は語り継がれるアニメだと思っていたのに
戦闘シーンもあまりにエヴァっぽくて10年前に戻ってしまったかのような…。
なんかそこが残念でした。

アニメに対して毒吐くの久しぶりですが
それだけ夢中でみてたもんで。
でも娘と見るには刺激が強すぎるんで見れないんだよなぁ。






2013-09-12(Thu)

進撃の巨人 22話

テレビアニメもここまで来たか!!って感じで
毎回楽しませてもらってる『進撃の巨人』ですが
22話で原作にないオリジナルエピを入れたことで
賛否が分かれております。

巨人から逃げるためにペトラの遺体を
馬車の荷台から投げ捨てるシーンです。

自分的には、物語でのキャラの死は見せ場であり〝華〟なので
2度にわたって殺されたペトラはスタッフに愛されてるなぁと思いました。

ただの〝モブ〟や〝かませ〟に終わらず
アニメの『進撃』をここまで盛り上げてきた立役者の一人として
いわばスタッフからの〝ねぎらい投棄〟ですよ!

ペトラも死んでなお出番があることを喜んでるだろうし
鏡の前で何度も死体の練習をしたはずです。
ペトラ
ペトラ、綺麗やでぇ。




そういえば『親オタ』が「ダ・ヴィンチ」WEB版で紹介されました
ttp://ddnavi.com/news/158364/
ありがとうございます。
2013-08-09(Fri)

すごいなあ

『進撃の巨人』の17話みた
ジャンがかっこよすなあ
アニメ版では完全に主役ですよ

キャラもいいけど演じられてる声優さんもいい
ああいう普通の人間ぽいキャラがだんだん成長していくのって
演じがいがありそうだし
声優冥利につきるとおもうんです

で調べてみたら谷山紀章さんって
原作者さんのご指名だったんですな
そらイメージ通りだろうし
気合も入りますわな

今後もジャンがいる限り観続けます
進撃
お台場あたりで
こんなアトラクション出来ませんかね?
怖くてやんないけど…


そういや今日『親オタ』の単行本発売日ですよ。
『進撃』の11巻とまとめてぜひ!(笑)

そういえばコミティア分には『とらのあな』限定の
書き下ろしは付かないそうです
当たり前か…

でわ会場ではお話でもしましょう


プロフィール

堂高しげる

Author:堂高しげる
代表作  『全日本妹選手権』 
     『もえちり』など
現在は漫画街にてWEB漫画
『親はオタでも子は育つ』を週刊連載中      

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
fc2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
自分の本とか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。